廣直高「In the Ravine (峡谷にて)」

2019. 10. 27 Sun - 11. 24 Sun

Opening reception : 10. 27 Sun 13:00 - 16:00
※オープニングレセプション終了後も、17時まで営業しております。

この度、MISAKO & ROSENでは、1972年大阪生まれ、ロサンゼルス在住のアーティスト廣直高の4回目の個展を開催いたします。
最近の展覧会に、2018年ハマー美術館で開催れたグループ展「Made in L.A.」(ロサンゼルス)、2016年 LAXARTで開催されたグループ展「Protuberances」に参加、同年にハウザー&ワース(ニューヨーク)で開催された「A Modest Proposal」にも出展しています。

廣が、常に出発点としているのは彼自身の身体です。廣は、彼の身体の見ることのできない性質を用いて、探求と実験を行なっています。廣の実験は、主に映像作品というメディアにおいて実践されてきました。近年は、彼の身体を理解すると同時に、身体から(アート)作品を生成する方法としてキャンバスを用いています。ごく最近では、木製のパネルを用いています。本展覧会では、ドローイング、キャンバス、木製パネル、彫刻といった様々なメディアによって探求された彼の身体が表現された作品をご覧いただけます。

Installation views