トレバー・シミズ「Hudson River and More?」

2021. 1. 17 Sun - 2. 14 Sun

MISAKO & ROSENは、ニューヨーク在住のアーティスト、トレバー・シミズの2回目の個展を開催します。トレバー・シミズは、近年様々な展覧会に参加しています。代表的な展覧会に「トレバー・シミズ:パフォーマンス・アーティスト」ICAフィラデルフィア(フィラデルフィア、2020年)、「マスターピース(加賀美健との2人展)」(エミリー・ワトリントンによるキュレーション)アンソニー・グリーニー・ギャラリー(サマー・ビル、マサチューセッツ、2020年)、「トレバー・シミズ:パフォーマンス・アーティスト」クンストハーレ・リスボン(リスボン、ポルトガル、2019年)、「ダウン・ペインティング」(企画:アレックス・カッツ)ピーター・フリーマン Inc、(ニューヨーク、2019年)などがあります。

私の前回の個展では、おならに関する作品が含まれていました。これは、古典的な絵画の伝統、色、スケール、ボナールやクールベ、ヴァン・ゴッホみたいな画家の日常の興味への私の興味の回帰でした。私は、前年をジョークを作り出すことに費やしました。それは時に、根拠のいるプロセスで、多くの事前準備でした。新作は簡単でより気楽です。いくつかの点では、もっと馬鹿げています。おならのジョークよりも馬鹿げているなんて面白いアイデアです。
最初のいくつかの風景は、ほとんどの場合、記憶または様々な風景の混合で描かれました。もっとも最近の絵画の多くは、私が「戸外制作」と呼ぶものです。 -あとで。これらは、ハドソン川、ウェストチェスター郡、コネチカット周辺の風景を描いたものです。ーアーティスト