森本美絵「テリトリー」

2018. 9. 9 Sun - 10. 14 Sun
Opening reception : 9. 9 Sun 13:00 - 16:00
※オープニングレセプション終了後も、17時まで営業しております。

この度、MISAKO & ROSENでは東京を拠点に活動するアーティスト、森本美絵の3回目の個展「テリトリー」を開催いたします。
主な個展に2015年「去りながら」キャノンギャラリー(東京)、2013年「ph」MISAKO & ROSEN(東京)、2014年には、高知県須崎市主催のアーティストレジデンス「現代地方譚2」に参加し展覧会を行なっています。

森本美絵の写真の特有の質感とニュアンスはプロセスの結果である。
一般的な客観性や根拠を持たず特定の思想に属すことなく森本は日々、物、場所、時代を彼女の視点から撮影し続けています。
東京の都市が2020年を間近に変容しつつある中、人々が持つテリトリーはそこにあり続けます。数年後の未来、私たちが目にする森本の写真は、私たちが現在読み取ることのできないものを明らかにするでしょう。