南川史門「And another story about painting」

2016年2月28日(日)- 3月27日(日)
オープニングレセプション(サンデーブランチ)2月28日(日)13:00-16:00
オープニングレセプション終了後も、17時まで営業しております。

この度、MISAKO & ROSENでは、南川史門「And another story about painting」を開催いたします。
本展覧会は、南川が近年、数回に渡り展開してきた看板絵画(通称)を基盤としながら、新作の写真、映像、絵画を発表いたします。タイトルの通り南川による現代絵画のプレゼンテーションは、いろいろな方法に置き換えられながらもそれは確実に絵画であり、それは絵画を制作するプロセス上で起こっている物語なのです。

近年様々な国際的なグループ展に参加しています。2015年に新国立美術館で開催された「アーティスト・ファイル2015」が、韓国の国立現代美術館へ巡回しました。同年、ミュンヘンのブランドホルスト美術館で開催された現代絵画の展覧会「Painting 2.0」に参加(荒川医との共同制作・展覧会はウィーンのMUMOKへ巡回)した他、荒川医とのコラボレーションのパフォーマンス「Forever Now」(Seiraによる企画)をデュッセルドルフ・K21内に設置されたダン・グレアムの「Two-Way Mirror Hedge, Almost Complete Circle」の前で発表しました。また、「"Cyber Cafe and Digiscope Painting”at Whitney Block Party」と題したパフォーマンスを新設したホイットニー美術館のオープンに際して開催されたこけら落としのイベントでも披露しています。

アーティストの詳細ページはこちら >>